2013年2月5日火曜日

Androidアプリケーション-どこどこスマホを公開しました!


Androidアプリケーション「どこどこスマホ」を公開しました。
GooglePlayで配信中です!










「どこどこスマホ」は、見失ったスマホを見つけるためのアプリです。
見失う前にインストールしておく必要があります。

まずは「どこどこスマホ」をインストールしましょう。

インストールすると、
見失ったスマホを探すときに使うメニュー(赤ボタン)と、探されるときに使うメニュー(青ボタン)が表示されます。

見失う前に、インストールしたらすぐに探されるときの設定をしましょう!




まずは青いボタンをタップ。


初めて設定するときは、設定ガイドが表示されますので、ガイドに従って設定します。

「アプリパスワード」
これは、スマホを見失った時に使うパスワードです。必ず設定してください。
また、次回から設定画面を開くときはアプリパスワードでログインします。








 
「メール設定」

「どこどこスマホ」が行った動作をメールでお知らせします。(Gmailに対応)
たとえば、別のスマホから“位置情報を送って!”との要求があったときは、ここで設定した送信先メールアドレスに位置情報が送られます。
設定したアプリパスワードをメールで送信することもできるので、パスワードを忘れたときの対策にもなります!






送信先アドレス、Gmailログインのユーザ名とパスワードを入力したら、テストメールを送って、メールが届くかどうか確認しましょう。





「なくしたときのための設定」

電話着信でマナーモードが解除できます。






別のスマホやケイタイが必要になりますが、ショートメッセージ(SMS)を利用して、「ロック」「位置情報送信」「音を鳴らす」ことができます。


ひととおりの設定が終わったら、まずはひと安心です。

次に、いざ見失ってしまった時の探し方をご紹介します。

スマホが見当たらないと、ドキッとしませんか?
そんなときは…別のスマホやケイタイを使って探してみましょう。

「電話を使う」

電話でワン切りしてみましょう!
[電話ワン切り設定]で設定した回数のワン切りコールを見失ったスマホにします。

何度かワン切りしていると・・・スマホが着信音を鳴らすようになります。マナーモードも自動的に解除されます。
着信音の鳴るところを探すと、スマホが見つけられますね!

「スマホのメッセージ機能を使う」
このとき、スマホに「どこどこスマホ」が入っていると便利!
インストールされていない場合はインストールをお薦めします。





















誰かに操作されそうで不安というときには、「ロック」を。
どのあたりで見失ったのか不明…というときには「位置情報送信」を。
近くにありそうなときには「音を鳴らす」を試してみましょう。

ショートメッセージが受け付けられたら、同様にショートメッセージで返信が受け取れます。
メール設定していると、メールでもチェックできます。

ぜひ一度、ダウンロードしてみてください。

ダウンロードはこちら(GooglePlay)から。








2012年11月7日水曜日

Androidアプリケーション-nswLauncherを公開しました!

NSWから新たなAndroidアプリケーションを公開しました!

GooglePlayストアで配信中です!



『nswLauncher』はいわゆるホーム(待ち受け画面)アプリです。
Androidスマートフォンに最初からインストールされているホームアプリを置き換えて、あなたのスマートフォンを、より便利に生まれ変わらせることができます!

それではnswLauncherでどんなことが出来るのか、詳しくご紹介していきましょう!


まずはテーマの切り換え!



このように、テーマを切り換えることで、簡単にガラリと雰囲気を変えることができます!
テーマは順次追加予定ですのでお楽しみに!


次は、便利なフォルダ機能。




インストールしたはずなのにアプリがどこにいったのか分からない!!っていう経験、ありませんか?
nswLauncherなら画面下のアイコンやアプリ一覧の画面で、アプリを簡単に整理することができるので、煩わしいアプリ探しもありません。


このほかにも、時計、バッテリー、設定変更などの便利なオリジナルウィジェットが付いてきて、カスタマイズの幅も広がります!


是非一度ダウンロードしてみてください!


ダウンロードはこちらから(Google Play ストアへ)


2012年10月1日月曜日

Androidアプリケーション-nswPlayer v2.0 をリリースしました。

メディアプレイヤーアプリ『nswPlayer』v2.0を公開しました!



UIの刷新、機能の整理を行い、より便利なメディアプレイヤーアプリとして生まれ変わりました。




タブ切り換えによる簡単な操作はそのままに、
デザインのリニューアルは勿論、エクスプローラーモードの使い勝手を改善しています。

今後も機能改善のアップデートを予定していますので、お楽しみに!



ダウンロードはこちらから(Google PlayのAndroidアプリへ)









2012年8月27日月曜日

Androidアプリケーション-どこロコ。v1.0.2 NaviCon®連携に対応しました。

近くのお店をワンタッチで探せるアプリ「どこロコ。」をアップデートしました!


今回はデンソー様の提供されているAndroidアプリ「NaviCon®」との連携機能を追加しました。

~NaviCon®とは~
多彩なスマホアプリで探した地点を、ワンタッチでカーナビの目的地に設定できます。
 
NaviCon®と連携したことによって、車の中で行きたいお店を探す時や、
自宅で探しておいたお店の行き先を、お持ちのカーナビに簡単に登録することができる様になりました!

どこロコで、↓の画面まで3タッチほどでいけますので、わずか4タッチでカーナビに登録出来る事になりますね!!



NaviCon®については、公式のサポートページに詳しく詳細されていますのでそちらもご覧下さい。
・NaviConサポートサイト:http://navicon.denso.co.jp/user/support/index.php

AndroidではGoogleマップをはじめ、カーナビ機能を持ったアプリも多数存在しています。
しかし本格的に使うには精度やバッテリーの持ちなど、まだまだ厳しい場面が多いため、
是非この機能をご利用頂ければと思います!


※NaviConは、株式会社デンソーの登録商標です。

2012年7月24日火曜日

Androidアプリケーション-Voice Translator v1.5.1 不具合の修正を行いました。


VoiceTranslatorをアップデートしました!

今回は細かな修正のみですが、強制終了を引き起こしていた問題を修正しています。

使用していて突然強制終了してしまう現象に遭遇されていた方は、是非もう一度お試しください!


また、Android4.0以上の端末で指定するテーマを、DeviceDefaultからHoloに変更しました。
これは、端末固有の見た目設定から、Android標準の見た目に変更した事になります。
参考:Android Developers Blog: Holo Everywhere

HTC J(ISW13HT)での表示
DeviceDefaultの場合
Holoの場合

前回のリリース時にはGalaxyNexusしか端末が存在しなかったため問題ありませんでしたが、最近発売された端末では、端末固有の見た目がカスタマイズされており、レイアウトが崩れる懸念が出てきました。

一般的には、見た目の保証できる標準レイアウトを常に利用するか、ユーザーが使い慣れている見た目で提供するのかを判断する必要があると思いますが、
VoiceTranslatorは見た目の統一感も大事にしているので、標準テーマを使用する事にしました。

ダウンロードはこちらから(Google PlayのAndroidアプリへ)



2012年7月17日火曜日

Androidアプリケーション-パスワード管理帳(パスメモ)を公開しました!

パスワード管理帳(パスメモ)を公開しました!





パスワード管理帳は、あなたの持つたくさんのパスワードを一括で管理するアプリです。

スマートフォンで利用するサービスが沢山あって、パスワードが覚えきれない!
面倒なのでいつも同じパスワードを使っている!
などなど、いつもパスワードを忘れて困っている方や、昨今騒がれる情報漏洩に対して心配な方にたいへん便利なアプリです。


 
パスワードだけではなく、URLやメモも保存できます。
また、ここで登録したパスワードは、文字入力アプリからのマッシュルーム連携で入力欄に直接入力することができるので、いざ使う場面になっても手間取ることはありません。



保存したデータは、SDカードにエクスポートすることもできます。
もちろん、暗号化して保存されますので、解析は困難です。



今後、さらに便利な機能も追加していく予定です。
是非是非ダウンロードよろしくお願いします!

2012年3月5日月曜日

Androidアプリケーション-Voice Translator v1.5.0 新しい翻訳言語に対応しました。

VoiceTranslatorをアップデートしました。


新たに24の翻訳言語に対応し、翻訳できる言語が49言語になりました。


また、今回のバージョンから通信処理の見直しを行っています。
ご利用のAndroidバージョンに応じて、より効率的な通信を行うよう改善を行いました。

参考: Android's HTTP Clients - http://android-developers.blogspot.com/2011/09/androids-http-clients.html




VoiceTranslatorは、ご利用時にネットワーク通信を行います。
海外でご利用される場合は、パケット定額サービスのご利用をお勧め致します。


ダウンロードはこちらから(Google PlayのAndroidアプリへ)